ジェットスターの搭乗手続きや注意点について

ジェットスターの搭乗手続きや注意点について

ディレクトリ コメントは受け付けていません

ジェットスターの国内線の搭乗手続き

LCCであるジェットスターには大手航空会社のANAやJALと異なるルールが見られます。

まず国内線に搭乗する際、ウェブチェックインを行ってない場合や受託手荷物があるときのみチェックインカウンターに足を運びます。

チェックインは自動チェックイン機で自ら操作するシステムとなっており、旅程表のバーコードをスキャンすることで搭乗券を入手できるのです。

万が一旅程表が印刷できない場合は予約番号を控えておく必要があります。

またチェックインの締め切り時間は30分前と定められており、余裕をもった行動が必要です。

そして保安検査場で搭乗券の確認を済ませ搭乗ゲートへと向かいます。

出発予定時刻の25分前までに搭乗ゲートへ赴く必要があり、遅れると搭乗できなくなってしまいます。

ジェットスターの国際線の搭乗手続き

まず最初にジェットスター国際線チェックインカウンターへ向かいウェブチェックインを行っていない場合チェックインを行います。

エコノミークラスとビジネスクラスのカウンターが分かれており、予約クラスのカウンターで手続きを行う必要があります。

また、ウェブチェックインを済ませている場合はチェックイン時に発行されたウェブ搭乗引換券をもってウェブチェックインカウンターへ出向かなければなりません。

それぞれのカウンターで受託手荷物の手続きを行い搭乗券を受け取ります。

チェックインの締め切り時刻はジェットスター航空が60分前、ジェットスター・ジャパン及びジェットスター・アジア航空が45分前と定められており、ゆとりをもって空港へ訪れることをおすすめします。

そして出国審査を終えた後、搭乗ゲートへ向かうのです。

尚、搭乗ゲート集合時刻の40分前までに搭乗ゲートに集合する必要があります。

作成者

ページトップへ戻る