ジェットスターの座席の種類と事前指定について

ジェットスターの座席の種類と事前指定について

ディレクトリ コメントは受け付けていません

事前の座席指定が必要なジェットスター

ジェットスターでは基本運賃に座席料金を追加することで、希望する座席を利用することができます。

まず最初にビジネスクラスを予約する場合、無料で好きな席を選択することが可能です。

そしてエコノミークラスでは運賃タイプによっては追加料金が発生するものの事前に指定することで希望する座席を利用することができます。

ここで注意しなければならないのが座席を事前に指定していない場合、自動的に座席が割り当てられるということです。

そして空席がある場合でも割り当てられた座席に着席しなければならず移動することはできません。

場所によってはリクライニングができない座席もある為、希望がある場合は指定しておくことが重要となっています。

豊富に用意されている座席の種類

ジェットスターで用意されている座席の種類をご紹介します。

まず最初にスタンダードシートがあります。

この座席を指定することで窓側や通路側といった希望の他、家族や友達などと並んで旅を楽しむことができます。

この座席はエコノミークラスのStarter運賃の場合、追加料金が必要です。

次にアップフロント・シートがあげられます。

この座席は機内前方にある座席であり、乗り継ぎがあり早めに降りたい方におすすめの座席となっています。

エコノミークラスのStarterとStarter Plus運賃の場合有料となります。

最後にエクストラ・レッグルーム・シートという座席は足元のスペースが広くゆったりとリラックスして過ごすことができます。

エコノミークラスのStarterとStarter Plus、Starter FlexiBiz運賃では追加料金を支払うことで利用することが可能です。

作成者

ページトップへ戻る