ジェットスターの手荷物と受託手荷物について

ジェットスターの手荷物と受託手荷物について

ディレクトリ コメントは受け付けていません

機内に持ち込める手荷物について

国内線の飛行機内に持ち込める手荷物は旅行鞄やリュックサックなどの主要機内持ち込み手荷物と、ノートパソコンやハンドバッグといった手回り品を合わせ合計で7キロまでとなっています。

しかし、7キロ以内であっても機内に持ち込める荷物は基本1個のため、旅行鞄とリュックサックといった組み合わせは出来ないようになっており、持ち込める荷物のサイズも決まっているのであらかじめ機内に持ち込む予定の荷物はサイズを計っておくことがおすすめです。

帰りの空港でお土産をまとめて購入しサイズが大きくなると主要手荷物と見なされ、機内に持ち込むことが出来ない場合があるためあらかじめ余裕のある旅行バッグでいくか、お土産は数回に分けて購入するといった対策を取るようにしましょう。

受託手荷物は有料となる

ジェットスターでは機内に持ち込むことが出来ない手荷物は有料の受託手荷物として、チェックイン時に航空会社に預ける必要があります。

手荷物の最低預け入れ重量は15キロからとなっており、手荷物がたとえ10キロであっても15キロの手荷物の料金が適用されます。

料金は5キロ単位で変わっていき、最大重量の32キロを超える場合は、手荷物を分ける必要があるため当日重量オーバーで慌てなくてすむように、手続き前に自分の荷物をチェックしておきましょう。

受託手荷物の料金は申し込み方法によっても変動し、少しでも料金を抑えたい場合は当日空港で申し込むのが1番料金が高くなるため、事前にネット予約で申し込むのがおすすめです。

予約後に荷物を追加すると割高になってしまうので、よく考えて申し込みをしましょう。

作成者

ページトップへ戻る